共和党の将来は「分裂」か「乗っ取り」か?

Govpalin2006_web_2
29日、マッケイン共和党大統領候補が副大統領候補にアラスカ州の44歳の女性知事サラ・ペイリンを選んだことを発表しました。
ペイリンの経歴は、美人コンテストのミス・ワシラ、ミス・アラスカの準優勝、
地方テレビのキャスター、PTA、町長、そして約1年半前にアラスカ州の知事に初当選、というものです。また、夫は漁師でプロのスノーモービル選手です。高校時代のボーイフレンドだった夫との間には5人の子供があります。キリスト教原理主義の彼女は、女性ながらレイプや近親相姦の結果の妊娠であっても中絶を違法にするべきだという極端なプロライフ派で、ヒラリー・クリントンとは正反対の立場にあります。NRAの会員でもあり、銃の規制には反対しています。ですが、夫婦ともに組合員であることを誇っているのはこれまで主流だった共和党とは異なるところです。

政界ではほぼ無名に近いペイリンをマッケインが選んだのは、失望と怒りから回復していないヒラリー・クリントンの支持者を呼び寄せるためです。それは、ペイリン自身のスピーチ(女性で初めての副大統領候補ジェラルディン・フェラーロ民主党元下院議員とヒラリー・クリントンの努力を褒め称えるもの)からも明らかですが、FOXニュースや共和党の政治コンサルタントが称えるようにすばらしい選択とは思えません。

彼女のスピーチから受けた印象は、「非常に頭の切れる、実行力ある女性」というものです。しかし、人口よりもトナカイの数のほうが多いアラスカ州以外のことには無関心で無知な人物が、72歳でしかも皮膚がんの経験があるマッケインにもし何かがあった場合、アメリカ合衆国の大統領という重要な任務を無事に遂行できるでしょうか?想像しただけで、ぞっとします。
もっと不思議なのは、この無謀な選択に対しておおっぴらに怒りを口にする共和党員が見あたらないことです。
どんな形であっても共和党が勝てばそれでよいのでしょうか?

近年の共和党は、新しい勢力に乗っ取られつつあるようです。
私が長年知る共和党員たちは、ジョージ・H・W・ブッシュ(父)のタイプです。
名門私立高校からアイビーリーグ大学に進み、ビジネスの世界で成功しているWASPたちです。特に信心深くもなく、中絶に関してはプロチョイスあるいは、「どちらでもかまわない」というもので、最も重視するのは合衆国と自分の階級の経済的安定です。彼らが最も忌み嫌うのが、自分の払った高額な税金を「怠け者の貧困階級」に無駄遣いされることで、教育や医療も国が国民の面倒をみる義務はなく、「自己責任」であるべきだと信じています。そこが福祉を重んじる民主党とはっきり異なる点です。企業の発展をさまたげ、株価を下げる「組合員」に対する嫌悪感も私のよく知る共和党員に共通するものです。

しかし、29日のマッケインとペイリンのスピーチは、石油会社に対する非難を含め、古くからのコアであるこれらの共和党員を無視して小さな田舎町に住む労働者階級のキリスト教原理主義に訴えかけるものでした。
ブッシュ政権に対する不満を抱えていた古くからの共和党グループが、票を集める力はあるものの自分たちの信念を無視するグループが勢力をのばしてゆくのを許すのか、あるいはマッケインとペイリンの失敗で共和党内の勢力を失うことを願うのか、そのあたりが私にとっては非常に興味のある点です。

民主党の3つのDynasty

最も最近の意識調査では、民主党大統領候補のバラック・オバマと共和党候補のジョン・マッケィンの支持率がほぼ同じという結果が出ています。

戦争、不況、ガソリン代高騰…とブッシュ大統領や共和党に対するアメリカ国民の不満が募っているというのに、なぜ今回の大統領選が民主党にとって簡単な勝利に結びつかないのでしょう?
簡単な勝利を妨げている最も大きな原因は、民衆党内の諍いなのです。現在の民主党には3つのDynasty(大家族または族ともいえます)があります。最も由緒あるケネディ族、そして90年代、民主党を経済的に中道に導いたクリントン族、そしてそれらの古い民主党とは異なる理念や政治スタイルを目指すオバマ族の民主党内での権力闘争は、少々のことでは癒えない深い傷を作っています。

Johnfkennedy_robert_tedkennedyケネディ一家は、プライベートでは恵まれた贅沢な生活をしていますが、政治的には常に黒人の人権、貧困者の救済、医療と教育の平等な提供のために戦ってきた庶民の味方です。マサチューセッツ州選出で2004年の民主党大統領候補だったジョン・ケリーは、家族ほど近しくないもののケネディ族といえるでしょう。

 

Vertclintonsgi

いっぽうビル・クリントンは、黒人たちから「初めての黒人の大統領」と呼ばれるほど黒人の人権のために働いてきましたが、経済政策的には共和党に近い中道派です。国民にはロックスター並みの人気があったものの、彼の一族に属さない民主党員にとっては、古くからの民主党の理念を無視する個人プレーヤーだという苦々しい思いがあったようです。クリントン時代の副大統領アル・ゴア、そして史上初めての女性下院議長のナンシー・ペローシーは、クリントン族のやりかたに決して馴染まなかったきまじめな左よりの代表です。

 

Obama_sc_04_01_2007731285_2そして、現在の民主党全国委員長のハワード・ディーンをはじめとするケネディ族にもクリントン族にも属さない新しい流れが両手を広げて迎えたのがバラック・オバマです。インターネットで若者や無所属を集めたハワード・ディーンの信念をそのまま受け継いだのはオバマと言えるでしょう。ディーンの支持者の多くもそのままオバマに移っているようです。彼らは、古くからの民主党のやり方に不満を抱いています。活気はありますが、自分たちが一番正しいと考えている高慢さも否定できません。

 

実は、このオバマ族のクリントン族に対する高慢さと無礼がヒラリー・クリントン自身よりも彼女の熱狂的な支持者たちを激怒させているのです。

予備選では、1800万人もがヒラリーに投票しています。ヒラリーの支持者にとっては、投票者が選んだのはオバマではなくヒラリーなのです(フロリダ州などの票をすべて数えればヒラリーの勝利だったと考える支持者はいまだに多いようです)。それなのにオバマが候補に選ばれたことを、(特に高齢の女性は)自分自身の体験と重ね合わせて「男性社会は能ある女性を抹殺する」という怒りを募らせているのです。また、副大統領候補の選出についても、最も多くの票を得たヒラリーが無視されたことを、支持者たちは自分自身が無視されたと感じています。そして、この民主党大会でビル・クリントンの演説のテーマも彼の強みであった経済政策の達成ではなく、防衛という弱点を押しつけています。また、最もクリントン族を怒らせているのは、黒人のために何十年も努力してきたクリントン夫婦に対する予備選中の「人種差別者」という攻撃をまったく謝っていないことです。

こういった民主党の内戦のためにジョン・マッケィンが大統領になったとしたら、この国の将来は真っ暗です。けれども、コメディアンのビル・マーが言うように「最終的に国民は彼らがDeserveする大統領を得る。国民が馬鹿なら大統領もそれに見合った大統領になる」ということでしょう。

オバマが選んだ副大統領候補はジョー・バイデン

Bidenvp2gi
数時間前に民主党大統領候補のバラック・オバマが、副大統領候補としてデラウエア選出の上院議員ジョー・バイデンを選んだことを発表しました。

個人的には私は勝つためにはヒラリー・クリントンを選ぶべきだったと今でも信じていますが、それが無理であれば最も適切なのはバイデンでしょう。
彼には国際政治の経験があるので表向きにはそれが最も重要なセールスポイントになるのでしょうが、実際には彼の性格がオバマ候補にアピールしたのではないかと思います。「計算高い」というイメージがつきまとうヒラリー・クリントンに比べ、ジョー・バイデンは思ったことをそのまま口にする率直さで知られています。そのためにときどきトラブルに巻き込まれますが、一般庶民やメディアの(特に男性陣)彼に対する好感度が高いことは確かです。
私もバイデンは大好きなので、ぜひこのチケットがうまく行くように願っています。

米国初の女性大統領をあきらめる時が近づいている?

080321richardsonhmed10asmall米国で唯一のヒスパニック系の知事であるニューメキシコ州のビル・リチャードソンが、オバマ支持を表明しました。
リチャードソンはクリントン夫妻と個人的にも親しいことで知られており、これがクリントン陣営に打撃を与えたことは明らかです。

ビル・リチャードソンは、オバマ支持の理由を「この国を団結させることができる大統領」になれるからだと説明しています。
ヒラリー・クリントンとバラック・オバマの選挙戦のトーンがネガティブなものになってゆくにつれ、どちらが候補になっても11月の総選挙の際にネガティブなイメージが定着してまい、共和党に負けるのではないかという恐れが強くなってきています。
共和党のマッケイン候補は、クリントン候補とオバマ候補が民主党候補指名選を戦っている間に、海外諸国を訪問して「大統領らしいイメージ」を広めています。

11月の総選挙に民主党が勝つためには、指名選を長引かせずに、クリントン候補が身を引き、「オバマ大統領、クリントン副大統領」のチケットを確立してほしい、と願う民主党員が増えています。近いうちに、リチャードソン知事のような民主党のスーパー代議員がオバマ支持を表明して決着をつけてしまう可能性があると私は予想しています。
たぶん、それは4月22日のペンシルベニア州の予備選の結果を待ってからのことだと思います。そこでオバマ候補が白人票を多数取ることができれば、これまで支持を表明していないスーパー代議員がオバマ支持を表明することでしょう。なぜペンシルバニア州がこれほど大切かというと、この州はフロリダ州やオハイオ州のようにどちらの党の候補にも動く可能性があり、それが最終的な結果を左右する可能性があるからです。(たとえばマサチューセッツ州では民主党が圧倒的に強いために、共和党候補が勝つ可能性はほぼゼロ。ユタ州は住民の73%が共和党なので民主党候補が勝つ可能性はほぼゼロ)
しかし、ここでクリントンが圧勝したら、8月25日の党大会まで決まらない可能性もあります。

今のアメリカ合衆国が必要とする真のリーダー

G080318cvrobama2pgrid2x2
最近になって、大統領候補のバラック・オバマ氏の宗教的指導者であり、家族同様に親しくしているシカゴの有名なブラックチャーチ(信者のほとんどが黒人の教会)Trinity United Church of Christのライト元牧師が過去に行った説教が問題化しました。
問題になったのは、以下の部分です。(MSNBCより抜粋)
“Barack knows what it means, living in a country and a culture that is controlled by rich white people,”  “Hillary can never know that. Hillary ain’t never been called a [二ガー]!”(バラックは、金持ちの白人にコントロールされた国と文化で生きることの意味を知っている。ヒラリーにそれを実感することはできない。ヒラリーは「二ガー(黒んぼ)」と呼ばれたことなんかないのだ)

(写真は、バラック・オバマ候補。MSNBCより)

“We bombed Hiroshima, we bombed Nagasaki, and we nuked far more than the thousands in New York, and we never batted an eye,”  “We have supported state terrorism against the Palestinians and black South Africans, and now we are indignant because the stuff we have done overseas is brought right back in our own front yards.”(我々は広島に原爆を落とし、長崎に原爆を落とし、ニューヨークよりも何千人も多くの人々を原爆死させたが、平然としていた。パレスチナ人や南アフリカの黒人に対する国家のテロを援助した。外国で我々がやってきたことが、今になってこの国に戻ってきたからといって、憤慨している)

日本人ならば「ごもっとも」と同感しそうな説教ですが、愛国心を最も重んじるアメリカ国民にとって、ニューヨークの同時テロがアメリカの自業自得だというのは非常に問題発言なのです。個人的に親しい黒人牧師の極端な白人逆差別発言と非愛国者的発言は、オバマ氏にとって致命的になるかもしれない、と見られていました。

しかし、オバマ候補は、今日演説で、ライト牧師のこれらの説教は強く否定するが、彼の人となりを尊敬しており、縁を切ることはしないと毅然とした態度で語りました。自分を育てるために尽力してくれ、非常に愛している白人の祖母が黒人に対する恐怖を口にしたり、人種差別的な発言をしたことをあげて、たとえすべての意見に賛成することができなくても、彼らは自分の一部であり、アメリカの一部だと説明しました。
すべての演説はこちら。スピーチライターを使わずに、自分自身で書いたものだということです。

この演説は、彼が日頃語っている「自分とは異なる思想・理念を持った人々とも協力してゆける」という長所を引き出すものでした。この演説により、オバマ候補は潜在的に政治生命を失いかねない苦境を脱出しただけでなく、彼を知らなかった人々にも「大統領になるだけの知性と理性を兼ね備えた人物」という印象を与えることになったと思います。

先見の明はなかなか評価されない

Gephardtbio_2








リチャード・ゲッパート元民主党下院院内総務
ソースhttp://www.gephardtandassociates.com/pages/team.html

昨日、講演のためにフロリダ州を訪れていた夫から電話があり、いきなり「今日レストランで昼食をとっているとき、偶然誰が隣に座ってたと思う?当ててごら
ん」という謎々。出張が多い家族の一員の名を上げたら、「絶対に思いつかないと思う」と言うものですから、「それなら最初から尋ねないで名前を言った
ら?」と返しました。
その人物は「ディック・ゲッパート」。

覚えていらっしゃいますか?2004年の民主党大統領候補指名選挙で候補だったリチャード・ゲッパートです。
2004年の選挙戦で、彼は北米自由貿易協定(NAFTA)への反対、という当時ではあまり人気がない政策を強く支持していました。
そして、NAFTAのせいでアメリカ国民が職を失った、というイメージが強くなった今でも「ディックには先見の明があった」という意見は耳にしません。

800pxhowarddeandnc






ハワード・ディーン民主党全国委員長
ソースhttp://commons.wikimedia.org/wiki/Image:HowardDeanDNC.jpg

さて、2004年の選挙でイラク戦争に激しく反対していたのが、元ヴァーモント州知事のハワード・ディーンです。 
「イラク戦争で、イスラム教のテロリストはかえって増加するであろう」といった彼の予言の数々はは(残念なことに)すべて的中してしまいましたが、それでも彼をあざ笑ったメディアは「彼には先見の明があった」と謝罪することはありません。

私がこの2人を尊敬するのは、自分の政治生命にとって賢明ではないが正しいと信じることを言い続けたことです。これが「潔さ」というものなのだと思います。

今年の予備選で、私が住むマサチューセッツ州の民主党の過半数はクリントン候補を選びましたが、私が住む町は圧倒的にオバマ候補支持に傾きました。これらは、2004年のハワード・ディーン支持者とほぼ重なります。今回どこが異なるか、というと、オバマ候補が、理想主義者の若者の熱狂的な支持を得つつ、民主党の古株の神経を逆なですることもなく、自分とは異なる立場の人と手を組むことができる、という点です。ディーンに欠けていた駆け引きができるオバマは、それだけでも「大統領として必要な政治的手腕がある」と評価されるべきでしょう。でも、ディーンが彼の基盤を作ったことを私たちは忘れてはならないと思うのです。

さて、ゲッパートは、現在経済アドバイザーとしてクリントン陣営を援助しています。また、スーパー代表議員(Super delegates)として、クリントン候補への投票も明らかにしています。

差別の複雑さ


GeraldineFerraro
アメリカ初の女性副大統領候補であったジェラルディン・フェラーロ(Geraldine Ferraro)元下院議員のオバマ氏に関する発言が問題化し、彼女はヒラリー・クリントン陣営の財政委員会の委員を辞任しました。(写真はフェラーロ元下院議員/パブリックドメインのイメージ)

彼女の発言をそのままここに引用しましょう。

“If Obama was a white man, he would not be in this position. And if he was a woman (of any color) he would not be in this position. He happens to be very lucky to be who he is. And the country is caught up in the concept.”
「(オバマが白人男性であったなら、今の立場にはなかっただろう。もし、彼が人種にはかかわらず女性であったならば、今の立場にはなかっただろう。たまたま、彼の背景《父が黒人で母が白人であるということ》が非常に幸運なことであり、この国はそのコンセプトに夢中になっているのである)」

この部分の発言だけが注目されていますが、ここに至る前に彼女はメディアのヒラリーに対する過剰に厳しい批判とオバマ氏に対する甘さを次のように苦々しく語っています。

"I think what America feels about a woman becoming president takes a very secondary place to Obama's campaign – to a kind of campaign that it would be hard for anyone to run against," she said. "For one thing, you have the press, which has been uniquely hard on her. It's been a very sexist media. Some just don't like her. The others have gotten caught up in the Obama campaign.

彼女が正しいか、正しくないか、は別として、政治的に賢い対応は、候補者を守るために「自分が間違っていなくても謝ってしまい、辞任する」というものです。しかし、フェラーロ元下院議員は自分の発言が「黒人差別」であるという非難を完全に否定し、謝罪をしませんでした。女性差別の深さの指摘と、国とメディアがオバマキャンペーンのコンセプトだけに浮かれて応援し、ヒラリーを根拠なく攻撃しているという批判が故意にねじ曲げられており、自分が間違ったこと言っていない以上謝罪することも間違っているという彼女の強い信念によるものです。

ヒラリー・クリントン氏は、これで非常に難しい立場に立たされました。フェラーロ元下院議員は彼女にとって財政委員のメンバーというだけでなく、個人的に尊敬する親しい間柄です。しかし、ここで彼女をかばうのは致命的です。公的に「私は彼女の発言には賛成できない」という中途半端なコメントをするしかなかったのには、こんな背景があります。
しかし、舞台裏で2人が話し合ったのは間違いありません。昨日、フェラーロ元下院議員は財政委員会のメンバーを辞任しました。

さて、興味深いのは一般人の心境です。
今朝のCNNのQuick Vote(オンラインでの意識調査)の「フェラーロ元下院議員は謝罪するべきだと思うか」という質問に対して、54%が「NO」と答えているのは非常に興味ぶかい結果だと私は思いました。というのは、ブッシュ大統領や戦争に関する質問の結果は通常8割程度リベラルに傾くからです。ということは、リベラルの中でもフェラーロ元下院議員に賛成する者が多いということです。

差別をコンセプトとして理解するのと、実感するのは大きく異なります。
祖父が奴隷だったという知人の黒人男性にとっての人種差別と、宗教的にもアメリカ合衆国のマジョリティに属する裕福な中流階級で育った白人男性である私の夫が感じる人種差別は、まったく異なります。
私が会った何人かの白人は、法が強要するがために、職場で他の人種よりも能力が低い黒人を雇わなければならなかった経験を苦々しく語りました。有名大学は、黒人とヒスパニック系アメリカ人の数を増やすために、白人やアジア人よりも学力の低い者を受け入れます。これらの現実を「逆差別」だと感じている者も、アメリカ合衆国には多く存在するのです。しかし、ハーバード大学やイエール大学で学んだ黒人は、周囲の学生から「おまえは黒人だから入学できたのだ」とみなされ、対等に扱われなかった体験を語ります。
女性であるがために”男性の領域”で多くの障壁と戦ってこなければならなかったフェラーロ元下院議員にとっては、女性差別のほうが人種差別よりも強く感じたのではないかと私は思うのです。

差別というのは、その人がこれまで生きてきた歴史により非常に異なるものだということを、日本人はなかなか理解できないと思います。
ちび黒サンボやカルピスのシンボルについての日本での反対運動には、私は苦笑しか覚えませんでした。差別されている者は誰なのか、運動が成功して解放されるのは誰なのか、どのような差別意識が解消されるのか、それらを彼らは認識していたのでしょうか?
私はこう思いました。日本には日本にしかない特別な差別があり、もし運動に力を注ぐのであれば、それをまず解決すべきなのです。

さてこちらの人々が言いたくて言い出しにくい傾向があります。
それは、最近の選挙結果(黒人投票者の9割がオバマ氏に投票している)に対し、白人の間に一種の不安感といらだちが生じているということです。黒人が権力を握る、ということに対する白人優先主義者の不安は明らかですが、それ以外にも、候補の政治的立場を無視して「黒人だから」という理由だけで投票する者が国の将来を決めることへの不信感もあります。
また、ヒラリーの支持者の中には、長年黒人層のために尽力してきた実績があるクリントン夫妻よりも、(黒人層のために戦った)実績がほとんどないオバマ氏を「黒人だから」という理由だけで支持する黒人の投票者に対する失望と憤りも感じられます。

しかし、「女性だから」という理由でヒラリーに投票する高齢の女性たちも多いのです。ですから、フェラーロ元下院議員のようにコンセプトに熱中することを非難することもできません。
差別には、個人の体験、立場に加え、宗教、学問的背景、理念などが複雑に絡んでいます。決して一方通行ではありません。