オバマ大統領が選んだ米連邦最高裁判事候補はラテン系女性

428pxsonia_sotomayor David Souter 米連邦最高裁判事の引退にあたり、オバマ大統領が誰を次の判事に選ぶのかが注目されていました。

本日オバマ大統領が発表したのは、ラテン系(ヒスパニック系)の女性判事Sonia Sotomayor です。もし、彼女の就任が実現すれば、初めてのラテン系(ヒスパニック系)米連邦最高裁判事であり、女性としては3人目ということになります。1954年生まれと若いところも注目すべきところです。

Sonia Sotomayor の両親はプエトリコからの英語が話せないワーキングクラスの移民でした。Soniaは奨学金を得てプリンストン大学で学び、エール大学院法学学校を卒業したところが、オバマ大統領の経歴と似ています。性格の強さでも知られています。

(写真はWikipediaより)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s