コミュニケーションを取る努力をしない人とはコミュニケーションは取れない

取材することが多いので、「他人の話を聴く」ことには慣れているつもりだ。ことに大統領選挙など政治が絡む取材では、自分とはまったく異なる政治的立場の人の意見であっても反論などはせずに考えていることを引き出すようにする。

仕事ではただひたすら耳を傾けるが、プライベートなシチュエーションでは同じマインドセットにはなれない。プライベートな場でのコミュニケーションは完璧ではなくても相手と自分の「話す」「聴く」が同等であることを期待する。期待している自分を自覚しているので、私はなるべくこの2つが同じくらいになるように心がけている。ついうっかり自分の「話す」の比重が大きくなったときには、そのバランスを改善する努力もするようにしている(できていない時もあることは重々承知のうえで)。

アメリカの小学校のPTAで学んだことのひとつは、リーダーに選ばれる人はこの「話す」「聴く」のバランスを保つ技能を持っているということだった。PTAの会長と話をした時に、それは努力によって培われたものだということも知った。

生まれつき他人とコミュニケーションを取るのが上手な人はもちろんいるけれども、多くの人は努力でその技能を身に着けているのだ。

それに気づいてからは、仕事だけでなく、家庭内でもコミュニケーションで努力をするようになった。相手が重要だと感じていることを聴き出し、自分が重要だと思っていることを(なるべく感情的にならず、相手を糾弾するような口調にならないように)伝える、というものだ。

心がけていても感情的になることはあるし、コミュニケーション不足になることはある。コミュニケーションが壊れると、関係が壊れる。だからこそ、重要な関係については、毎日のコミュニケーションの努力の継続が必要なのだ。

しかし、どんなに自分が技能を身に着けて努力しても、コミュニケーションを完璧にすることはできない。コミュニケーションは相互関係である。自分だけが努力して相手が努力しない場合には、一方通行になってしまい、自分だけが疲弊する。

私も昨年に、日本に住む家族との間でそういう辛さを体験した。私はアメリカ式に「不満に思っていることがあれば、相手にそれが伝わる方法で伝える努力をしなければならない。家族であっても他人なのだから、心を読むことはできない」と思っているが、日本では「言わなくてもわかるはず」という感覚を持っている人が多いように思う。そして言わなくても理解しない人に対して立腹する。だから何度やんわりと質問や要求をしても答えは戻ってこないし、こちらがしびれを切らして直球を投げると「糾弾している」と思われてしまう。挙げ句の果てに突然キレられて、酷い言葉を投げつけられる、といったことだ。

「だんまり」の間に、彼らはきっと頭の中で架空の私との会話をしているのだと思う。その架空の私に怒りをつのらせて突然の「罵声」になのだろう。架空の私と話すより、現実の私と話してくれれば誤解もとけると思うのだが、それをしてくれないので、私には対処できない。

「だんまり」あるいは「罵声」だけで対応する相手とは、こちらがどんなに努力してもコミュニケーションを取ることはできない。

その場合に自分に対してする質問は「それでも維持したい関係なのかどうか?」である。

私の場合、夫や娘とのコミュニケーションでムッとすることは限りなくある。相手もきっとそうだろう。2人はそれぞれ異なるパターンがあり、それらが私のものとは一致しないことはよくある。だから、ムッとした時には相手の頭の中で何が起こっているのかを想像して、それに合わせるようにしている。例えば私が送ったメッセージに娘が応えないときには、彼女が意識的に無視しているのではなく、「このメッセージは重要性が低いので、読むだけで応えなくてもいい」と思っているのだろうと考える。

なぜ努力するのかというと、私にとって大切な関係だからだ。そして、相手がそれなりに私に合わせる努力をしていることも知っているから。

想像しただけで辛くなり、日常生活にまで悪い影響を与えるコミュニケーションとその相手がいたら、「この関係はそこまで重要なのだろうか?」と自問してみるといいかもしれない。答えが「No」であったら、現実的に縁を切ることができなくても、心の中で距離を置くことで、心が救われる。

人間関係で悩んでいる人、自分を責めている人は、「コミュニケーションを取りたくない人とは、コミュニケーションは取れない」と諦めてみてほしい。そして、余ったエネルギーを大切な人とのコミュニケーションにまわしてみよう。





高齢者白人男性候補2人を覆す勢いを持つエリザベス・ウォーレン – アメリカ大統領選挙レポート

Screen Shot 2019-09-08 at 4.54.12 PM9月8日土曜日、大統領選のバトルグラウンドとして知られるニューハンプシャー州のマンチェスター市で州の民主党大会が行われ、19人の大統領候補がスピーチを行った。この大会で明らかになった民主党の現状を別のコラムに書いたが、指名候補争いについても転換の始まりを感じた。

大統領候補19人に加え、民主党全国大会委員長、ニューハンプシャー州選出の上院議員、その他の民主党議員など約40人が壇上に立つこの党大会は、午前7時会場で午後4時すぎまで続いた。いったん会場内に入ったら食事などで外に出ることは許されず、長期戦になる。候補にとってスピーチの順番は非常に重要だ。

ニューハンプシャー州の民主党首脳陣は、公平さを保つために、まず主要候補をアルファベット順で紹介することに決めたようだ。そして、その間に他のスピーカーを挟むという方法だ。だが、前回のコラムでも書いたように、世論調査でトップ10位に入っていない候補が最初のグループに含まれていて、世論調査でも支援者の数でもトップ10に入り、有力候補とみなされているアンドリュー・ヤングは大会最後のスピーカーだった。ヤングが壇上に立ったときには、大部分の出席者が会場を去っていた。

このような不備はあったものの、候補者全員に、支持者が路上や会場前でにぎやかにPRをし、会場内のブースで政策を説明する平等な機会が与えられていた。

Continue reading

下半身デブだって、前向きなのだぞ

ソーシャルメディアで見かけた、「下半身太りと決別する8つの秘策」という記事を読んでひとこと書きたくなりました。

その記事の前置きにこうあります

上半身は華奢なのに、下半身がどっしり立派な日本人特有の洋ナシ体型。実は体質だけではなく、よかれと思って続けるトレーニングや生活習慣、心に沈殿するマイナス感情も下半身肥大を助長させる要因に。すっきりシュッとした下半身を取り戻すための、目からウロコの秘策をボディ作りのプロフェッショナルが指南します。

「心に沈殿するマイナス感情が下半身肥大を増長」

とか

怒りを溜め込む人は、肝臓や胆のうが弱く脚の外側が張りやすく、考えすぎる真面目な人や欲求不満の人は胃や腸の調子を崩し、脚の前側が太くなる。」

とか

どこにそんなデータがあるんでしょうか?

そんな決めつけ、すんごく失礼だと思うのですが。

Continue reading

2015年あけましておめでとうございます。

2014年も、忙しく、楽しく、嬉しい年でした。

何よりも、以前からの素晴らしい人間関係と、新しい出会いに恵まれたことに感謝しています。

この場を借りて、お世話になった皆様に心からお礼申し上げます。

2015年もどうぞよろしくお願いいたします。

20141018_101217_HDR

 

25年目の婚約指輪

アメリカはまだ大晦日ですが、日本では新年ですね。

昨夜、膝を骨折して一人で留守番をしている友人Rの家に夕食を持って行き、二人きりでゆっくりお喋りしてきました。

「一緒にレストランに行こう」と誘われたのですが、すでに家族に早めの夕食を作った後なので、それとワインを1本持って行ったのです。

友人は、フルタイムで働いているうえに、ご主人と子供二人、親兄弟、親戚にいつも頼られていて、自分の時間がまったくない女性です。怪我をしているとはいえ、何もしなくていい夜が嬉しいようです。私も仕事に追われて家にこもっていることが多いので、こうして出かけるのは久しぶりです。

ワインをグラスに注いで「それで最近どう?」という話を始めたところ、彼女が左手を差し出しました。

薬指には大きなダイヤモンドの指輪が光っています。

Continue reading

新年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

DSCF0198

人間でも大変な山の頂上に巣を作って、海から登ってゆく南極のペンギンたち

昨年は、みなさまに支えられ、人との繋がりのありがたさを実感した1年でした。

また、いろいろな面で子供時代からの夢がかなった年でもありました。

5歳のときから読み始めた『少年少女世界の名作文学』で読書と海外文学の虜になった私にとって、大好きな本の数々をご紹介できる『ジャンル別 洋書ベスト500』を書くことは、胸躍る体験でした。 私を信じて全面的に選択を任せてくださったコスモピア社の方々には、言い尽くせないほど感謝をしております。

Continue reading

極めていないけれど飽きっぽい私がおおいに同感する本、『極めるひとほどあきっぽい』

私はよく受ける質問に「渡辺さんの職業はいったい何ですか?」というのがある。

簡単そうで、とても難しい。なぜかというと、いろんなことをやっているし、それぞれあんまり極めていないからである。日本ではよく「あきっぽい」と非難された。「嫌な場所でも、もっと我慢して長く続けるべきだ」と忠言してくれる人もいた。

Continue reading

子どもが心理的な暴力を受けない権利を無視しないでほしい(オリジナル)。

肉体的なことに関して、たとえば大学のスポーツ部でよくある「シゴキ」に近い特訓を9歳児に与えたとし、「9歳にはキツすぎたかもしれない。けれども、それを乗り越えられたのだから役に立ったのだ。だから、すべての小学生からその機会を奪う大人は間違っている。与えるべきではないか」と主張したら「何を言っているのだ?」と叩かれるだろう。

少なくとも、疑問に思う人のほうが多い筈だ。

その子によっては、乗り越えて逞しくなる機会かもしれないが、成長に合わない特訓は、身体を壊してしまう。つまり肉体的なトラウマになる。

だが、肉体的なことではなく、情緒や心理に大きな影響を与えるビジュアルや文章の情報については、日本人は非常に無頓着だと思う。


いま、「はだしのゲン」が話題になっている。

私はその背後の情報をよく知らないので、それについては意見はない。その固有の問題とは切り離して次の意見を聞いてほしい。

このブログ記事がSNSで話題になっている。意味が分からない子どもに読ませても、結果的に考えるきっかけを与える「良い逸話」として。

だが、私はあえて異論を提供したい。

レイテ・テルゲマイヤーの場合には、わが子をよく知り「彼女なら大丈夫」と判断した親が与え、ショックを受けた後、フォローすることができた。だが、心理的に成熟しておらず、脆弱で、しかも誰のフォローもない小学生が強制的に同様のショッキングな内容の漫画や小説読ませられたり、映画を見せられたとしたらどうだろう?

心理的に過敏すぎた私のような子は、毎日悪夢を見たに違いない。戦争がどんな意味を持つかも知らずに。

大人になって久しいみなさんはお忘れかもしれないが、小学校低学年では、まだ単純なコンセプトしか理解できない。「戦争は残酷なことだから、大きくなったら外交手段を重視しよう」なんて思わない。「歴史から学ぶことは素晴らしい!」などとも思わない。大人が勝手に「与えて良かった。与えた私は非常に社会的認識がある」と自己満足にひたるだけだ。

小学校低学年で戦争のコンセプトはよく理解できないが、恐怖は理解できる。子どもが残酷に殺される場面があれば、それは心に焼き付く。痛みも感じる。過敏な子は、それを自分に起こったことのようにトラウマとして記憶する。性的な場面もそうだ。

追記:日経BP社の柳瀬博一さんが「私が言いたかったのは、これだ!」という素敵な文章を書いておられますので、許可を得てご紹介させていただきます。ぜひお読みください

私には、それに似たトラウマがある。

50を超えたいまだにひきずっている心理的なトラウマだ。

成長の役に立ったなんて、ちっとも思わない。それを考えると、いまだにとてつもない憤りを覚える。

私は洋書の読書指導をごく少数の子どもだけでやっているが、先日そのひとりで中学生になったばかりの子が「好奇心にかられてLord of the
Fliesを読んだけれど、怖いだけで、何を言いたいのかよく分からなかった」と語った。天賦の才能がある子なのだが、それでも情緒的には中学生の「子ども」なのである。

そこで内容に触れつつ、「高校生になってから読むと、『ああ、
これはこういうことが言いたかったんだな。でも私はこう思うな』という部分が出て来るよ」という会話を交わした。

どの年齢でも差別なく読ませれば、よい
結果が出るというわけではない。

身体に良い食べ物でも、生まれたばかりの赤ん坊に食べさせたら毒のものは多い。それは、情報も同じである。なぜ、それが理解されないのか?

 

日本ではよく「表現の自由」とごっちゃにされるからだ。

そこで、ヒステリー状態になる。

それはまったく違う。これは「表現の自由」の問題ではない。

私は表現の自由を信じる。アーティストは自由に自分の信じることを表現することが許されるべきだ。

しかし、私は「選ぶ権利」も信じる。選ぶ権利には「見ない、読まない権利」も含まれるべきだ。アメリカ合衆国憲法が保証する信教の自由に、「宗教を信じない自由」も含まれているように。

では、どうすればいいのか?

「読む、観る権利」を保証するために、作品へのアクセスは禁じない(ここの部分を読み落としている人が多いので、再び強調しておく。だがそれは、すべての作品をすべての図書館に置いて公開しなければならないという意味ではない)。

性的虐待などのシーンがある、児童に不適切と判断されたものは子どもに暴露してはならない。日本では無知で混同している人が多いとわかったので説明するが、それは『児童虐待』である。アメリカでは、児童に成人向けの性的/暴力コンテンツを見せるのは、 犯罪とみなされている。また、これまでの研究で、それらにさらすことが深いトラウマを与えると証明されている)。

だが、わが子をよく知っている親や、多くの異なる子どもを教えなければならない学校が選ぶときに参考にできるような情報と基準を作り、それを公開するべきである。

子ども、教師、親は詳しい情報を元に、「読む」「観る」ことを選択できるようにする。

決して、全員に押し付けないこと。

 

そう思って、『ジャンル別 洋書ベスト500』では「適正年齢」の情報を載せた。完璧からはほど遠いが、今後手を加えて行くことで、より良くなってゆくだろうと思う。

次は先日私がこれに関して書いたツイートとリプライである。

//

もうひとつ私たちがやらねばならないことは、感情的にならず、相手を勘ぐらず、陰謀説に踊らされず、相手をまず信じて恊働することである。そのときに、相手を凹ますジャブはやめよう。(ジャブを返さないようにしようと提言したが、徹底的に甘えている人には返させていただくことにした。)