ウッドストックから40年

シカゴのLollapalooza初日は雨で泥だらけ。
そうしたらタクシーの運転手が「Woodstockみたいだねぇ。場所は違うけど」と懐かしそうにつぶやきました。
彼は私たちよりもちょっと上の年代。ウッドストック世代なのですね。

ということで思い出したのがJoan Baez。彼女はときどきボストン界隈で小さなギグをやっていますが、今でもこの辺りには根強いファンがいます。40年後の彼女のインタビューを見つけました。すてきに歳をとっている女性です。


Bob Dylanがあれだけ有名になれたのは当時有名だったBaezのおかげだと言われています。
私にとってDylanは作家のフィッツジェラルドみたいな存在です(有名なのはわかるけれど個人的に好きになれないという意味で)が、Baezは(私の好みではなくても)聴くと「いいなあ」と思わせる存在です。
特にDylanとの関係を連想させるこの曲 Diamonds and Rustが一番好きです。

歌詞がもう最高。聴くたびに切なさがこみあげます。

I’ll be damned
Here comes your ghost again
But that’s not unusual
It’s just that the moon is full
And you happened to call
And here I sit
Hand on the telephone
Hearing a voice I’d known
A couple of light years ago
Heading straight for a fall

As I remember your eyes
Were bluer than robin’s eggs
My poetry was lousy you said
Where are you calling from?
A booth in the midwest
Ten years ago
I bought you some cufflinks
You brought me something
We both know what memories can bring
They bring diamonds and rust

Well you burst on the scene
Already a legend
The unwashed phenomenon
The original vagabond
You strayed into my arms
And there you stayed
Temporarily lost at sea
The Madonna was yours for free
Yes the girl on the half-shell
Would keep you unharmed

Now I see you standing
With brown leaves falling around
And snow in your hair
Now you’re smiling out the window
Of that crummy hotel
Over Washington Square
Our breath comes out white clouds
Mingles and hangs in the air
Speaking strictly for me
We both could have died then and there

Now you’re telling me
You’re not nostalgic
Then give me another word for it
You who are so good with words
And at keeping things vague
Because I need some of that vagueness now
It’s all come back too clearly
Yes I loved you dearly
And if you’re offering me diamonds and rust
I’ve already paid

© 1975 Chandos Music (ASCAP)

2 thoughts on “ウッドストックから40年

  1. 素敵なインタビューとバエズの懐かしい歌の動画をありがとうございます。
    この歌は、若い頃、歌詞の意味もわからず、メロディーの美しさにひかれて聴いていたものでしたが、今あらためて歌詞を読み、ぐっときてしまいました。

    Like

  2. はちこさん、こんにちは。
    この気持ち、女性にはよくわかりますよね〜。
    Speaking strictly for me
    We both could have died then and there
    なんて、泣けちゃいますよ。
    そんな感傷にひたってる相手に対して、自分で電話かけておきながらボブ・ディランったら
    Now you’re telling me
    You’re not nostalgic
    なんて、頭をぽかっとたたいてやりたいような…[E:coldsweats01]
    でも大好きな歌です。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s