大阪での「#大阪本好き集合」meet-up レポート

本好きに声をかけて集まった大阪での「#大阪本好き集合」meet-up、第一日のご報告です。

お声をかけたのが寸前だったにもかかわらず、私を含めて14人が集まりました。

目印代わりに持参していただいた本は、和書、洋書、ノンフィクション、フィクション、ロマンスノベル、Kindle、 iPadとバラエティに富んでいて、「私もそれが好き!」と「その本を読んでみたい!」という発見がいっぱいでした。

会話スタートのネタは「好きなジャンル」、「苦手なジャンル」、「自分の好きな本のセールストークで相手を説得」、というものだったのですが、そのうちいろんな話題に広まり、2時間弱があっというまにたってしまいました。席替えもしましたので、ほぼ全員が互いの読んでいる本について知ることができたと思います。


参加者は、次の方々(ツイッターアカウントをいただいた方の分だけ)でした。

@taniguri @tomokoshi2011@dog6135 @ugetsudo @biaslook @blackturnyellow @riekoiwao @kkkkkkkappa @chawantakegohan @ryucog @shingoo_ex 

IMG_2561

IMG_2563

IMG_2562

二日めは、私を含めて8人の参加でした。

今回は、8人だったのでひとつのテーブルで一緒に語り合うことができました。

英語と和書だけではなく、中国語の本を読む方がなんと2人!

とっても興味深いお話をきかせていただきました。楽しすぎて、写真を撮るのをすっかり失念!

ツイッターでのみなさんの感想もお楽しみください。

 

//

5 thoughts on “大阪での「#大阪本好き集合」meet-up レポート

  1. 大阪本好き大集合に参加して、自分の読書のジャンルが偏っていたことに気が付きました。あまり読んだことのなかった、SFやミステリー、ロマンスノベルをかじってみようと思います。
    帰りの電車では親子で参加されていた方と一緒だったのですが、多読をお勧めしてもらいました。自宅に買って満足してしまった洋書が10冊ほどあるので、教えに従い、わからない単語は読み飛ばしてつまらなかったら途中でもやめるというスタンスで読んでみようと思います♪
    オフ会のようなものは初めてだったので、実は緊張のあまりホテルの入り口でやっぱりやめようか5分ぐらい迷いました笑 
    普段あまりなじみのない世界に触れて読書の幅が広がりましたし、おもいきって行ってみて良かったなぁと思います。参加者の皆さん、素敵な時間をありがとうございました。

    Like

  2. 中学生の娘を連れて緊張しながら参加しました。自己紹介では、みなさんがツイッターのアカウントを名乗られたのにビックリしました。ツイッターほとんどやってないけど大丈夫かしら…とちょっと心配になりましたが杞憂でした。和書だったり洋書だったり、ジャンルもさまざまでしたが、本好きのみなさんがそれぞれ熱く語られるのを聞くのはとても楽しかったです。娘とマンガ談義に花を咲かせてくださる方もあり、親子で楽しい時間を過ごせました。
    帰りの電車ではgantaroさんと、本に限らずいろんな話で盛り上がりました。お別れする間際まで、お互い名乗ってないことに気づかないほど話が弾みました。
    ゆかりさん、参加者のみなさん、ありがとうございました。gantaroさんも思い切って参加してくれてありがとう!

    Like

  3. 皆さんが書いていらっしゃる通り、楽しくあっという間に時間が過ぎてしましました。好きなジャンルから読書スタイル、洋書の入手方法まで、幅広くお話することができました。自分ではどんなジャンルでも読んでいたつもりだったのですが、ミステリー・ファンタジー系を全然読んでいなかったのは思いがけない発見でした。今度トライしてみようと思います。またの機会を楽しみにしています。(久々にボストンを訪問したい気もします)

    Like

  4. 私もこういうオフ会のようなイベントは慣れていないので少しどきどきしましたが、参加して本当によかったです。会の後で、ちょっと梅田のワインバーの周年祝いパーティーに立ち寄ったのですが、ゲストの絵本セラピストの方の朗読がすてきで、いい本にたくさん出会えた夜となりました。朗読があったのは桂かい枝さん翻訳の『うしはどこでも「モー!」』(エレン・スラッスキー・ワインスティーン作)という作品でしたが、関西弁の日本語訳がとてもやさしくてすてきでした。昔は少し絵本にも興味があったのですが、これをきっかけにまた読んでみたいと思っています。
    たまたま私がmeet upに持参したのはLeaving Microsoft to Change the Worldという本で、世界の貧しい国の子供たちに本を届けるRoom to ReadというNPOを設立したJohn Wood氏の著書でした。世界の子供たちがいい本に出会えますように。 

    Like

  5. 和書は比較的色んな種類を読みますが、洋書は現実逃避できる上に英語の向上にもつながるという美味しいジャンルの(笑)ロマンス本が専門という不謹慎な私が参加してしまい、かなり面食らわれた方もいらしたと思います。またオフ会慣れというより大阪のおばちゃん気質でどなたにも馴れ馴れしく接してしまった点など、非常に反省しております。
    ですが私にとって色んな方々のお話を聞きお知り合いになれたことは思った以上に楽しく、ジャンルが違っても共感できる事は多いのにも驚き、とても有意義でした。
    みなさん本当にありがとうございました。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s