米国初の女性大統領をあきらめる時が近づいている?

080321richardsonhmed10asmall米国で唯一のヒスパニック系の知事であるニューメキシコ州のビル・リチャードソンが、オバマ支持を表明しました。
リチャードソンはクリントン夫妻と個人的にも親しいことで知られており、これがクリントン陣営に打撃を与えたことは明らかです。

ビル・リチャードソンは、オバマ支持の理由を「この国を団結させることができる大統領」になれるからだと説明しています。
ヒラリー・クリントンとバラック・オバマの選挙戦のトーンがネガティブなものになってゆくにつれ、どちらが候補になっても11月の総選挙の際にネガティブなイメージが定着してまい、共和党に負けるのではないかという恐れが強くなってきています。
共和党のマッケイン候補は、クリントン候補とオバマ候補が民主党候補指名選を戦っている間に、海外諸国を訪問して「大統領らしいイメージ」を広めています。

11月の総選挙に民主党が勝つためには、指名選を長引かせずに、クリントン候補が身を引き、「オバマ大統領、クリントン副大統領」のチケットを確立してほしい、と願う民主党員が増えています。近いうちに、リチャードソン知事のような民主党のスーパー代議員がオバマ支持を表明して決着をつけてしまう可能性があると私は予想しています。
たぶん、それは4月22日のペンシルベニア州の予備選の結果を待ってからのことだと思います。そこでオバマ候補が白人票を多数取ることができれば、これまで支持を表明していないスーパー代議員がオバマ支持を表明することでしょう。なぜペンシルバニア州がこれほど大切かというと、この州はフロリダ州やオハイオ州のようにどちらの党の候補にも動く可能性があり、それが最終的な結果を左右する可能性があるからです。(たとえばマサチューセッツ州では民主党が圧倒的に強いために、共和党候補が勝つ可能性はほぼゼロ。ユタ州は住民の73%が共和党なので民主党候補が勝つ可能性はほぼゼロ)
しかし、ここでクリントンが圧勝したら、8月25日の党大会まで決まらない可能性もあります。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s