幸せは、「達成感」でもなければ「満たされること」でもない。

「幸せは満たされること」という前提で、「適当なところで諦めることから見えてくる幸せもあるんじゃないか」と提案する文章を読みました。

その方が言いたいことはよくわかります。

ただひとつだけ気になったのは、前提です。この前提で「幸せ」をとらえてしまうと、誰一人として幸せになれません。まずは、その思い込みが不幸の元じゃないかと。

Continue reading

理想のパートナーは戦友(24回目の結婚記念日に)

ロマンスやラブストーリーの好みには、個人の恋愛観が反映すると思います。

「洋書ファンクラブ」という別のブログで洋書をご紹介していますが、売れるラブロマンスには、理由なく運命で繋がるとか、ヒロインが強く美しいヒーローに愛され、守られる、というパターンがよくあります。でも、私はあまり好きではありません。それよりも、ぐっとくるのが「戦友」カップルです。

Continue reading

子どもを叱るコツ、しつけるコツ

現在21歳の娘を育てるあいだに、いろいろ迷いつつ学んだ、「幼い子の叱り方、しつけ方のコツ」です。
自分自身が子どものときに「嫌だ」と思ったことも反映させました。
よろしかったら、ご利用ください。

1)ルールを最初からはっきりさせる。

いきなり叱られると、「怖い」「愛されていない」というメッセージだけが伝わり、何について叱られたのか理解できない。

 

Continue reading

『どうせなら、楽しく生きよう』を読んで、胸のうちを打ち明けたい人へ

キンドル書籍『どうせなら、楽しく生きよう』をお読みいただいた方から、多くの暖かい感想をいただいています(アマゾン読書メータートゥギャッター)。つらい体験への共感を覚えた方も多いようです。

 

でも、なかなか自分のつらい体験を他人に語ることはできないものです。

私もそうでしたが、最も身近な人にこそ、語ることができません。言いたいことを言ってしまった後の付き合いがあるからです。でも、言わないでためこんでいると、胸がいっぱいになって張り裂けそうになります。

そういう気持ちはとてもよく分かりますので、『どうせなら、楽しく生きよう』を読んでそういう気持ちを打ち明けたくなった方に、自由に使っていただける「王様の耳はロバの耳!」コメント欄を作ろうと思いました。

Continue reading

元旦の夫婦の会話

元旦早々の、リビングルームでの夫と私の会話。

私は、南極で出会った写真家でドキュメンタリープロデューサーのSue Floodさんの本『Cold Places』を読み返しながら、旅行のことを振り返っていました。

Sueさんは、Planet Earthなどでホッキョクグマにも何度も遭遇しています。ですから、その貴重な写真も載っています。

私は、仕事関係の本を読んでいる夫に向かってこう話しました。

Continue reading

あけましておめでとうございます

みなさま、あけましておめでとうございます。

2010年は、実りも多かったのですが、本当に忙しい年でした。

年賀状 2011

そのために多くの方々にご迷惑をおかけしましたし、今でもおかけしておりますが、それに懲りずに今年もおつきあいいただければ幸いです。

今年は、健康と勉強のためにも少しペースを落としたいと思っているのですが、既に面白い企画が着々と進んでおります。

今ここでお話できないものが多いのですが、少しずつ公開してゆきますので、どうぞお楽しみに。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

名前が覚えられない家族

わが家は3人とも名前が覚えられません。

そのすごさはほぼ病的。私と夫の場合は「歳」のせいにもできるけれど、17才の娘もそうだってことは、遺伝なのかもしれません。

昨夜の私たちの夕飯の会話なんて、他人が聞いたらもう全然分からないでしょうね。

その1

「綺麗な女優って、歳を取ったときの切り替えができない場合が多いよね。40歳過ぎてラブコメの主人公やってるわけにはいかないし(私)」

「FriendsのRahel役(*1)。だんだん出演する映画の質そのものが落ちてきて、可哀想になるくらい(娘)」

「その点、まだ若いのにMy Sister's Keeperで母親役やった彼女(*2)は偉いね。生き残りの術を知ってる。ほら、Being John MalkovichCusackの奥さんやった彼女.(私)」

「あ、わかるわかる。あの人ね。Hotなお母さん役のほうが、くたびれたラブコメの主人公よりカッコいいもん(娘)」

 *********

その2

「ところで美しくなくて痩せてもいないあの女優(*3)は、歳を取っても沢山仕事が来てるね。名前が思い出せない〜。出演映画は、The Devil Wears Prada, Sophie's Choice, Adaptation..(私)」

「…Cruella De Vilとか?(夫)」

「それは違う人!(と、即座に私と娘) 」

「●●●(*4)だよ(と私。この名前がなぜかすんなり出て来るのは不思議)」

 **********

その3

「そういえば、すごく才能があったのに、映画から消えちゃった人もいるね(私)」

「Benny and JoonのJoon。Fried Green Tomatoでも演技力が良かった。ほら3つ並んでる名前の人(*5)…(娘)」

「わからない(夫)」

「何言ってるの!あなたが昔好きだった女優じゃないの、覚えてないの?(夫に向かって尋ねる私)」

「今のことも覚えてないのに、昔のこと思い出せるわけないじゃん(夫)」

 **********

その4

「それで例のSophie's Choiceの女優に沢山役が回ってくることについて『looks like an unmade bed』って言った、美人だけれど演技力がない女優..あ〜名前が思い出せない(私)」

「それは、●●●だよ(*6)!ほうら、僕だって名前はちゃんと思い出せるんだ(と最後に威張る夫)」

 ***********

上記の女優の名前をすぐに思いついたあなたは偉い!

そうではない方には下記が回答です。いくつ分かったかな?

*1 Jennifer Aniston

*2 Cameron Diaz

*3 Meryl Streep

*4 Glenn Close

*5 Mary Stuart Masterson

*6 Sharon Stone