子どもが心理的な暴力を受けない権利を無視しないでほしい。

オリジナルの投稿をしてから、賛否含めた多くの反応があり、語り合ったうえで、考えを整理し、次のように書き直しました。オリジナルが読みたい方は、こちらに保存してありますのでどうぞ。

****

肉体的なことに関して、たとえば大学のスポーツ部でよくある「シゴキ」に近い特訓を9歳児に与えたとし、「9歳にはキツすぎたかもしれない。けれども、それを乗り越えられたのだから役に立ったのだ。だから、すべての小学生からその機会を奪う大人は間違っている。与えるべきではないか」と主張したら「何を言っているのだ?」と叩かれるだろう。

少なくとも、疑問に思う人のほうが多い筈だ。
その子によっては、乗り越えて逞しくなる機会かもしれないが、成長に合わない特訓は、身体を壊してしまう。つまり肉体的なトラウマになる。

だが、肉体的なことではなく、情緒や心理に大きな影響を与えるビジュアルや文章の情報については、日本人は非常に無頓着だと思う。


いま、ある図書館での「はだしのゲン」の図書館での閉架から過激な表現があるコンテンツであっても「戦争の悲惨さを訴える」などの意義があれば子どもに与えるべきだ、読む権利を奪うべきではない、といった意見がネットで飛び交っている。

私は、「はだしのゲン」を読んだことはないし、閉架になったいきさつについても噂程度しか知らないので、この問題については語らない

その問題とは切り離し、ここから発生した、「子どもの年齢にふさわしくないコンテンツを『役立つから』という大人側の理由で強制的に見せたり、うっかりと曝されてしまう環境に置くこと」の是非に絞って語らせてほしい。

特に気になったのが、SNSで話題になっているこのブログ記事である。

私がひかかったのは、精神的にも情緒面でも未熟な年齢の子どもがショックを受けても、結果的に考えるきっかけを与える「良い逸話」として広まっているところだ。

私の心は子ども時代に戻って、「やめてくれ!心温まる話になんかしないでくれ」と叫んでいた。「このためにもっと年少の子までが学校で教育として押し付けられるようになったらたまらない!」

私は、幼い頃に消したくても心から消すことができない大人向けのコンテンツに暴露させられて、それが心の傷になっているからだ。この体験は、その後いろいろな面で負の影響を及ぼした。

レイテ・テルゲマイヤーの場合には、わが子をよく知り「彼女なら大丈夫」と判断した親が与え、ショックを受けた後、フォローすることができた。だが、心理的に成熟しておらず、脆弱で、しかも誰のフォローもない小学生が強制的に同様のショッキングな内容の漫画や小説を読ませられたり、映画を見せられたとしたらどうだろう?

心理的に過敏すぎた私のような子は、毎日悪夢を見たに違いない。それが明日自分に起きるかもしれないと怯えながら生きたかもしれない。

ブログにこういった私の見解を書いたところ、ツイッターやFacebookで「はだしのゲン」の映画を生徒全員に見せた小学校があったことや、別の場面で選ぶことを許されず、後々まで引きずる心の傷を得たという体験談を受け取った。

そういう場合、子どもには「観ない、読まない」を選ぶ自由はない。
大人になって久しいみなさんはお忘れかもしれないが、20年以上アメリカで子どもと読書に関わってきた私は、小学校低学年では、まだ単純なコンセプトしか理解できないことを知っている。「戦争は残酷なことだから、大きくなったら外交手段を重視しよう」なんて彼らは思わない。「歴史から学ぶことは素晴らしい!」などとも思わない。

大人が勝手に「与えて良かった。与えた私は非常に社会的認識がある」と自己満足にひたるだけだ。

日経BP社の柳瀬博一さんが「私が言いたかったのは、これだ!」という素敵な文章を書いておられるので、許可を得てご紹介させていただく。まずお読みいただきたい。

大人がよかれと思ってしたことが、かえって恐怖と無関心を作り上げる可能性があるのだ。

小学校低学年で戦争のコンセプトはよく理解できないが、恐怖は理解できる。繊細な子の場合には、子どもが残酷に殺される場面あれば、自分のものとして痛みを感じる。心にその体験が焼き付き、自分に起こったことのようにトラウマとして残る。性的な場面もそうだ。特に虐待の場面は。

私は50を過ぎた今でも、ビジュアルコンテンツで受けた心理的なトラウマをひきずっている。成長の役に立ったなんて、ちっとも思わない。それを考えると、いまだにとてつもない憤りを覚える。これを書いている今でも指が震えているほどである。

私は洋書の読書指導をごく少数の子どもだけでやっているが、先日そのひとりで中学生になったばかりの子が「好奇心にかられてLord of the Flies(『蠅の王』)を読んだけれど、怖いだけで、何を言いたいのかよく分からなかった」と語った。天賦の才能がある子なのだが、それでも情緒的には中学生の「子ども」なのである。そこで内容に触れつつ、「高校生になってから読むと、『ああ、 これはこういうことが言いたかったんだな。でも私はこう思うな』という部分が出て来るよ」という会話を交わした。

『蠅の王』は、『ジャンル別 洋書ベスト500』に選んだ傑作である。大学を卒業するまでには読んでほしい本だ。だが、どんなに良い本であっても、どの年齢でも差別なく読ませれば、よい結果が出るというわけではない。

良い本や映画には、出会いを最良にするタイミングというものがあると私は思っている。その機会を間違えると、学びがあるどころか、ただの嫌な体験になってしまいかねないのだ。

こういうことを言うと、まず、「表現の自由をうばうな」と身構える人がいる。

それはまったく違う。これは「表現の自由」の問題ではない。

私は表現の自由を信じる。アーティストは自由に自分の信じることを表現することが許されるべきだ。

次に「子どもに与える本を制限するべきではない」という反論が出る。「子どもはバカではない。制限せず子どもに選択する自由を与えるべきだ」と言う人は多い。

しかし、選ぶ権利には「見ない、読まない権利」も含まれるべきではないか。

アメリカ合衆国憲法が保証する信教の自由に、「宗教を信じない自由」も含まれているように。

身体に良い食べ物でも、生まれたばかりの赤ん坊に食べさせたら毒のものは多い。アルコール飲料もそうだ。子どもが欲しいと言ったら、何歳であっても自由に与えていいと言う人はいないだろう。

もう泳げる12歳の子ならまだしも、6歳(小学校1年生)の子に、「子どもにも選ぶ自由がある」と、海にひとりで行って泳ぐ自由を与えるべきだろうか? 
責任感がある大人なら許可しない筈だ。なぜなら溺れ死ぬ可能性が高いからだ。

海に一人で飛び込んで泳ぎを覚える6歳児もいるように、人が殺される場面をみて平気な6歳児もいるだろう。だが、溺れて死ぬ子が多いように、その年齢では自分に起こったことのように衝撃を受け、それが長期にわたってトラウマになる子もいるのだ。黙って耐えているだけで。

その存在を無視しないでほしい。

ツイッターやブログで似たような体験を分かち合ってくれた読者がたくさんいたことからみても、数は決して少なくないだろう。
子どもの頃の私がそうだったように、そういった子どもは、「観たり、読んだりすることを押し付けられない自由」や「暴露されない自由」が欲しいのである。

これは、もしかしたら体験者にしか分からないかもしれないが、とても切実な願いなのだ。

身体のように、心も子どものうちは大人の保護が必要なのである。子どもが健全に成長して自立するように、傍らで徐々に援助してゆくのが、私たち大人の義務なのだ。

私たちが語り合わねばならないのは、子どもに保護が必要かどうかではなく、その保護の程度であろう。

では、どうすればいいのか?

ブログ記事を書いた後にいろいろな人の意見をとりかわしたが、私は上述の「選ぶ権利」を守るために、アメリカの小中学校、公立図書館が行っている次のような提案をしたい。

●専門家の意見を取り入れ、子どもの情緒の発達を考慮に入れ、マジョリティが合意できる「適正年齢」レーティングを作る

●「適正年齢」のレーティングシステムを作り、学校はそれに従って収納する本を決め、適正年齢ごとに子どもが手にとって自由に選べるような棚を作る。

●公立図書館では、小中学生向けの「児童書コーナー」と高校生以上向けの「大人コーナー」を分ける。

●コーナーは分けるが、適正年齢に即していなくても希望に応じて貸し出しができるような(合意できる)ルールを作る。

●「適正年齢」決定の理由など、子どもや保護者が選ぶ参考にできる情報を提供する

●「適正年齢」のレーティングが全ての年齢向けではない作品については、(個々の子が選べないような)「全校生鑑賞」はしない。「観たくない」という子どもがいたら、その理由に耳を傾け、正当であればその希望を聞き入れる。

 

良いタイミングで良い本に出会ってもるために、私は、親や子が選びやすいように『ジャンル別 洋書ベスト500』に「適正年齢」の情報を載せ、参考になる情報を加えた。

この「適正年齢」の表記は、予期していた小中学生の親だけでなく、感受性が強い人や残虐な描写が苦手な大人の読者からも好評をいただいている。完璧からはほど遠いが、今後手を加えて行くことで、より良くなってゆくだろうと思う。

この問題は、いろいろな要素が絡んでいるし、それぞれに強く信じるものがあるので、熱くなりやすい。

けれども、相手の言い分に耳を傾けることができる人が集まって恊働すれば、これまで他人からの攻撃が怖くて黙ってきた繊細な子どもたちを沢山救うことができると思う。私たちがやらねばならないことは、感情的にならず、相手を勘ぐらず、陰謀説に踊らされず、相手をまず信じて恊働することである

追記:これでもまだ誤解があるようなので、そういう方はぜひ『こどものユーザー視点』についての記事をお読みください。

12 thoughts on “子どもが心理的な暴力を受けない権利を無視しないでほしい。

  1. 記事を興味深く読ませていただきました。
    自分が小さいとき、思春期は手当たり次第に読んでいたので、トラウマになり、かえって本格的な小説や暴力表現が未だに読めません。
    現在、妊娠8カ月になり、改めて適正年齢という言葉が身に迫ってきました。
    どんな情報にしろ、子どもにきちんと向かい合って話せる親になりたいと思います

    Like

  2. ブログを拝見しました。
    選ぶ権利は子供にあって、
    その周囲の大人(親も含む)にはないと思います。
    親や学校が「あなたにはまだ早い。これは読んではいけません」と
    本を取り上げる権利はないと思うのです。
    本は閉じることもできます。
    「あ、怖い。やだな」と思ったら
    閉じることもできるのです。
    読まないこともできるのです。
    それは子供が自ら判断をくだすべきことです。
    そして、戦争についての物語は、
    小さな子供が「恐怖」を感じても読むべきものだと思います。
    それは、戦争では小さな子供だからといって、
    殺されない、残虐な仕打ちをされない保証はどこにもないからです。
    そして、小さな子供達が銃を持ち、
    爆弾を抱え自爆テロを行う世界もあるということです。
    子供のうちから「戦争」についての本を読むことは
    トラウマになっても読むべきだと思います。
    本を読んでいられるということは、
    平和なところにいるということなのですから。
    子供だからこそ、
    死んでいった子供たちの無念さ、
    悲しみに共感できることもあると思います。
    あと自分の繊細さや弱さを口に出せるひとは、
    本当は強いひとだと思います。

    Like

  3. ときさま
    やはりそういう体験をされた方がほかにもいらしたのですね。
    私は、子どもの頃に大人に押し付けられたものと、公的な場所で暴露されていたものにトラウマを受けたので、わが子を育てるときには、真剣にわが子と向き合って、大事だと思う情報を徐々に取り入れ、語り合いました。
    その結果、とても社会正義を考える大人になってくれたと思います。
    人の役に立つ仕事をしたいから、と医学の道に進むことを決めて、大学2年生ですが、今年の夏休みはニューヨーク市でがん専門医について研修をしました。
    ですから、情報を年齢に応じて制限することが、子どもに情報を与えないことや社会正義について考えさせないことと誤解されるのは残念に思っています。
    これからも(誤解されても)思っていることを伝えてゆきたいと思っています。

    Like

  4. Mimiさま
    Mimiさんの意見もひとつの見解として貴重だと思います。
    ただし、「我が子(成人)が小学校低学年の時、8/6の平和授業で「はだしのゲン」の動画を校内テレビで全校放送し一律に視せたと聞き、受ける側の選択の余地がない乱暴な手法に驚きました。クラスには夜怖がった子もいたようです」という体験を寄せてくださった方もいます。
    また、幼い頃に惨い現実を見せてトラウマを与えれば良い人間になるとはまったく思いません。
    共感できる人間になるとも思いません。
    戦争で親が殺され、少年兵が生まれている地域の子どもたちは、戦争を憎んで他人への思いやりを持つ人間にはなりません。感情を交えずに人を殺せる人間になります。
    虐待の被害者は加害者になります。
    「子供だからこそ、死んでいった子供たちの無念さ、悲しみに共感できることもあると思います。」というのは、聞こえはよいけれども、根拠がない発言です。
    「心理トラウマが良い影響を与える」という研究結果などはないのです。あるとしたら、探して提供してください。
    私が提案しているのは、「泳げない子をいきなり海に放り込んで恐怖で泳げないようにするやり方ではなく、徐々に水に慣らしていくほうが良い」という単純なことです。「海に入れるな」などとは言っていない。
    また、「自分の繊細さや弱さを口に出せるひとは、本当は強いひとだと思います。」という言葉に含まれている傲慢さにお気づきいただければ、と思います。
    相手のことを「あなたは強いから」と勝手に決めつけて他人の発言を封じるのは、自分の弱さを武器にする卑怯なやり方であり、甘えた行動です。
    それをきちんと消化できない年齢の、しかも善し悪しが分からない子ども全員に「自分で選べばよい」とトラウマを与えることを肯定する方ですから、キツい言葉でもそれを歓迎されることでしょう。
    ふだんはこういうことを言いませんが、そうやって口を封じられている方のために、あえて言わせていただきました。

    Like

  5. 返信ありがとうございました。
    実は0~2歳児の保育所に勤めていますが、小さい人程、やられた関わり方をそのまま周りに返す姿を目の当たりにしております。
    そして、人間性はその記憶のないときに大部分が育まれているのを実感しています。
    私は、子ども達に人は良いもの、信頼出来るものと思って欲しい。(色々な面があっても)
    渡辺さんのお子さんのように自分の関わっている子が人の役に立ちたいと思ってくれたら、嬉しいです。
    感情的な話ですが、公的なもの(クラスで見た映画とか)、自分で読んでいても怖くても図書館の良いものだから読まなければならないと思い、泣くことも出来ず、未だにトラウマになっているものもいるのです。

    Like

  6. ときさま
    私は教育についての本を書くために取材を重ね、心理学や教育に関する多くの本を読んできました。
    専門家からも話を聞きましたが、みな「子ども時代は情緒の健全な発達のために、安心できる環境を提供するのが最も大切」と口を揃えます。
    ですから、トラウマになるものを「ためになる」と押し付けることの危険をきちんと伝えたいと思いました。
    そして、それを感じていても口にできないでいる子どもや大人を代弁したいとも思ったのです。
    ときさんが感情的だとは思いません。
    私の別のコメントのほうがずっと感情的かもしれませんね。でも、他人を傷つけることをよしとする甘えに対してはきちんと対応したいとも思っているのです。ときさんが日常的に悩んでいらっしゃることかもしれませんね(笑)。

    Like

  7.  子供の「見たい」と思う権利、「見たくない」と思う権利、双方に同意します。つまり小学校の図書館で親の同意なく読めるような形であってほしいと思いますが、不特定多数の子に実質的に強制閲覧させるのは間違っていると思います。
     私は小学校中学年くらいのときにはだしのゲンを読みました。そのタイミングは私にとっては丁度良かったようで、戦争の怖さを十分に感じた上にトラウマも残りませんでした。
     一方大人になってから、ある殺人動画を目にしました。暫く年月が過ぎた後も消化しきれず「世の中には知らなければならない惨禍があるが、その上でもなお知らない方が良い物事がある」と結論付けました。
     それから時間を置かず、その殺人動画が一般の人にも目に付きやすい場所に出回ります。いわゆる「まとめサイト」です。そこで私は「これは拡散してはいけない」と主張しましたが、反論されました。
     「人は、戦争や悲惨な事件があることを知っておく必要がある。流血に耐えられないようでは目の前で人が倒れたとき助けることもできないだろう。また世の中にはこの様な動画を見たい人がいる。あなたはその人の権利を侵害している」という意見です。私は
     「流血と殺人では程度が違うし、人の痛みを知るということと、人の痛みに鈍感になることは違う。見たい人は自分で探す、見たくない人が不意に目にしてしまう場所に載せるのはやはり間違っている」
     と、反論したものの、現実問題として子供の探究心の前にはフィルタリングなど無力ですし、結局その時点で是か非かの迷いは無くせず、考えるのを止めました。
        **********
     しかし今回のはだしのゲンの件で、再び自身の葛藤について考えてみました。私は、悲惨ではあるがゲンを自分で見ることが出来て良かったと思っている、しかし見せない方が良い悲惨さもあると考えている…。双方の意見の良いとこ取りをしながら悩みました。
    ・ゲンには戦争の悲惨さ以外にも人間としての成長過程を学べたこと等メリットがデメリットを上回ったので『可』
    ・殺人動画はグロテスクさに慣れるなどというメリットは心的トラウマを負うデメリットを上回るものではないので『否』
    ・はだしのゲンは日本人の強烈な戦争忌避思考の一助となっており「心のトラウマ」で「直接の死の危険(戦争)」を回避できるなら少しのトラウマは仕方ないのではないか。
    ・しかしこの戦争忌避思考を「平和ボケ」「かえって戦争の確立を増す」と捉える人もいる。仮にそうだった場合トラウマを負うだけ無駄ではないだろうか。
    ・何より「少しのトラウマ」ではなく「大きなトラウマ」を負う可能性も。
    そして文頭の結論になり
    ・私がゲンを消化できたのは「自分で読みたいと思った」から。そして読みたいと思った時に自分で手に取れた環境に感謝している(親に頼まなければ読めないのならおそらく読んでいない)。
    ・消化できる時期に来ているならばトラウマを負う可能性は少ない。
    ・しかし子供にその判断は難しい(見たくないが、閉じれず最後まで見てしまう場合もある)
    ・少なくとも、どの程度まで消化できるか分からない子供に学校で一斉に見せるのはダメ。
    となりました。
     副次的な理由としては
    ・(教科書ではなくマンガであり読みやすいという点から)小学生に戦争の悲惨さを伝える点においてゲン以上のものがそうない。
    ・中学校に上がると図書館から少年・少女週刊誌に移行し、ゲンを手に取ろうと思う確立が激減する。「消化できるのに読まない」で済ませてしまうのはもったいな過ぎるくらいはだしのゲンは良書だと思う。
     という理由があります。
     以上、長文でまとまりにも欠けますが、書き込みさせていただきます。

    Like

  8. ABCさん
    ご自分の体験を踏まえ、熟慮されたうえの誠実なご意見、ありがとうございます。
    私も多くの部分で深く共感を覚え、うなずきました。
    今日他の方ともツイッターで語り合ったのですが、子どもの年齢と精神的な成長にあわせて段階的に戦争やヒューマニズムについて考えさせる本や映像が沢山あります。
    そのために、トラウマを与えずして、徐々に社会正義や平和について考えさせてゆくことができるわけですが、日本にはそのマテリアルが足りないのです。だから幼い子には不向きの「はだしのゲン」に過剰な期待を寄せてしまうという構造があるのではないか、という見方です。
    たとえば次のようなそれぞれの年齢に適した本をブログや『洋書ベスト500』でご紹介していますが、各年齢できちんと理解できるような本が日本でも増えてゆくといいですね。
    http://watanabeyukari.weblogs.jp/yousho/2013/04/bestfriendforever.html
    http://watanabeyukari.weblogs.jp/yousho/2013/03/bomb.html
    http://watanabeyukari.weblogs.jp/yousho/2012/02/between-shades-of-gray.html
    http://watanabeyukari.weblogs.jp/youshojr/2011/01/book-thief.html

    Like

  9. 記事を読ませていただきました。
    この話題がニュースにのぼってからなんともいえない気持ちを抱えていたのですが、この記事を拝読して本当にホッとした気持ちになりました。
    子どもの時代は、後から取り戻しようがないくらいに大切な時間。それなのに早く早くと何でも教えたり、与えたり。それで傷つき力を失ってしまう子どもたちが少なくないと感じています。
    安心をベースに、楽しんだり驚いたり。興味を全開にして世界と関わっていく子ども時代を存分に味わって子どもたちが自分の力をしっかり育ててから難しい問題や辛い問題に向き合っていく、それでいいのではないかと思っています。
    何が一番子どもにとっていいことなのか判断することは難しいですが、先生のようなお考えを持たれている方がいらっしゃるという事にとても心強い思いがしました。

    Like

  10. はじめまして
    ブログは大変興味深くいろんなことを考えさせられます。
    まだまだうんうん考え中なのですが、以前テレビで見た差別の話を思い出しました。要約だけみたいですがURLを貼っておきます。
    「特別授業 差別を知る カナダ ある小学校の試み」
    http://www.nhk.or.jp/jp-prize/2007/prize_gp.html
    その子どもにとって善い人生のための教育とは…
    そんな哲学を問われてるような気がします。

    Like

  11. @a334さま
    真摯なご意見、ありがとうございます。
    ご紹介いただいた差別についての実験授業ですが、私の娘が通ったアメリカマサチューセッツ州の小学校で1960年代に行ったものです。ハーバード大学との提携で斬新な教育を行う公立学校だったのですが、この「よかれ」と思って行った実験は、後に「机上の空論」であり、差別を助長するものであることが明らかになり、とりやめになりました。
    またそれが別のところで行われていることと、良いこととして捉えられていることにショックを受けました。
    どうすれば差別のない環境ができるのか、そして、小学校で紹介する書物についても、ぜひ私の連載『住民が手作りする公教育』をお読みください。
    そうすれば、多くの誤解が解けると思います。
    私は書物を学校の本棚から取り去るよう呼びかけているのではありません。
    実は、逆のために闘ってきた人間です。
    ここで語りたいのは、どんなテーマであれ、子どもの年齢に応じたマテリアルがある。全員が読める作品もあれば、情緒が発達していないときに読ませると、良い作品として捉えられるより、心の傷になるものもあるということを分かっていただきたいということです。
    そういった癖のある作品を、「よい作品だから」と小学校1年生から上級生まで全員鑑賞させるような学校が存在すること、または無自覚な大人が与えることがあるので、子どもの立場から考えていただきたかったのです。
    「子どもをばかにしている」と憤っている人もいるようですが、それは違います。
    むしろ、子どもと身近に接して、読書指導をしてきた(現在でもしている)体験があるから、彼らが、その年齢なりに素晴らしい発想をすることを知っています。
    でも、幼い子ども時代には、その時代だからこそできること、やっておきたいことがあります。
    それは、多くの心理学者が語るように、安心できる環境で心おきなく遊ぶことです。
    電車の中吊り広告のグラビアで女性が商品として扱われているのが子どもにも見えるような日本の環境では、感覚が鈍りすぎていると思います。
    しつこいようですが、誤解している方が多いと思いますので、ぜひ『住民が手作りする公教育』をお読みください。

    Like

  12. あだっちゃん さん、
    暖かいコメントありがとうございます。
    こういうことを書くと、誤解して誹謗中傷を書く人がいる(実際にtogetterのほうに多い)と分かっていたので、躊躇したのは事実です。
    でも、私のように感じていて、でも誹謗中傷が怖くて黙っている人もいると思って書きました。
    私は表現の自由は信じています。
    でも、日本では「観ないことを選ぶ自由、押し付けられない自由」が無視されています。
    私は、子ども時代にそれがとっても嫌だったのです。
    ですから、子ども時代に「大人になったら、こういうことはしない」と決めたことを、親になってからしっかりと実現してゆこうとしました。
    差別や戦争について紹介するなと言っているのではなく、その年齢で理解できるレベルのことを、少しずつ紹介し、大人がそれをフォローしてゆき、最終的に何でも読めて、理解でき、しかも同情するだけでなく、行動できる大人に育ててゆくというのが、私たち大人の役割だと思います。
    昔の人は、泳げない5歳の子を海に放り込んで泳ぎを学ばせたりしたのですが、それをするよりも、次第に水に慣らして行ったほうが、子どもは幸せに泳ぎを覚えることができる。
    そう言っているのに、「子どもは海に飛び込む権利がある。子どもをバカにするな」という反応をする日本人が多いのは、やはり教育のどこかに問題があるのでしょうね。
    問題の深さに、考え込んでしまいます。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s