安全で気楽に自然とマヤ遺跡が楽しめるベリーズ

夫の母親へのプレゼントとして、縁があって繋がった方が経営しているベリーズのリゾートに連れて行くことにしました。

若いころからよく旅行をしている人ですが、15年ほど前に転倒して頭蓋骨骨折と髄膜炎を起こしてから活動範囲が減っています。「(インカ遺跡の)マチュピチュに行きたい」と言っていたのですが、80を前にして非常にゆっくりとしか歩けなくなっているので、もっと簡単に訪問できるマヤ遺跡のほうがいいのではないかとベリーズを選びました。

Belize-3

グアテマラの国境近くにあるマヤ遺跡『Xunantunichシュナントゥニッチ)』

Continue reading

旅は行き当たりばったりの出会いが楽しい

早寝早起きの私たち夫婦がヨーロッパで困るのは夕食の時間。ヨーロッパでは夕食の時間が遅いので、ふだん私たちが夕食を食べる時間にはどこも開いていません。

昨日はロンドンで午前3時に起床して空港のBAラウンジで朝食を食べ、イタリアのリミニにあるホテルに到着したのが午後2時すぎでした。そこからバスに乗って古代ローマ時代に栄えたリミニの市街に行くともう3時過ぎ。ランチタイムが終わった後なのでカフェしか開いていませんでした。

IMG_0578

カフェ・マキアート。右についているのが、エスプレッソのショット。これを上に注いで飲む。

カフェ・マキアートを注文しましたが、コーヒー(入りミルク)とクッキーだけでは空腹を癒せないので、無駄とは知りつつも開いているレストランを探して歩きまわりました。

Continue reading

南極旅行記その7「南極でのカヤックの素晴らしさは、とてつもない壮大さと究極の静けさ」

南極旅行で知り合った英国でファイナンシャル・アドバイザーをされている米国人のNicole Condit Duncan @nlcondit さんから、カヤックのときの写真が届きました。

安いオートマチックでただシャッターを切る私のものとは異なり、写真撮影の腕前があるNicoleさんの写真は、南極でカヤックをする素晴らしさをよりよく伝えていると思います。そこで、こちらでご紹介させていただこうと思いました。Nicoleさんのステキな写真の数々は、彼女のブログでもご覧になれますので、ぜひどうぞ(私の写真ではありませんし、無断での使用はしないでくださいね)

写真は、クリックして大きくして御覧ください。

 

まずは、南極でのカヤックの壮大さが伝わるこの傑作を。

F6pET6cKbCCfPTWze0IfyUXjxrH5cuEnRnjB3bSyaow

Photo by Nicole Condit Duncan

Continue reading

南極旅行記その5「最高に美しい場所」

いろんな土地を旅行してきましたが、最も美しいと思ったのが南極でした。

地球上の異なる場所ではなくて、別の惑星を訪れたような、これまでとはまったく異なる種類の感動を覚えました。

旅をともにした人たちと「写真ではとうてい伝えることはできない」と語り合ったのですが、それでも何度かトライしてみました。

少しでも伝われば、と思う風景をご紹介します。写真をクリックして拡大してご覧ください。

DSCF0604

Continue reading

南極旅行記その4「ペンギンと屋外キャンプ」

自然に触れるのは好きですが、テントで屋外キャンプするのは苦手な私です。ですが、こういう機会は二度とないと思ったので、南極で屋外キャンプというのを体験してきました。

チョイスは、2人用のテントかビビーサック(bivouac sackのことで、Bivvy, Bivy, Bivi Sackなどと呼ばれる)。バックパッカーやハイカー、山登りによく使われる超軽量の防水性と断熱性があるマミー型のシェルターで、寝袋の外側に使います。キャンプのリーダーに強くBivvyを薦められたので、こちらを選びました。

DSCF0641

私たちのBivvy Sack。朝には表面に霜ができていました。

Continue reading